多趣味な大学生の自己満足ブログです。自分の興味のある事について熱く語ります。いらしたときはコメント残していただけると嬉しいです。


by syou-hama

カテゴリ:鳥( 148 )

春の珍客

庭に来ていました.近い!
c0190594_12251933.jpg

[PR]
by syou-hama | 2013-04-10 12:25 |

コチョウゲン 1.16

吹雪の中十三湖に行きました。いつもの年は冬でも河川敷を走れるのですが、今年は普通にハマりました。
かといって別の経路で湖岸へ向かおうとしても、やっぱりハマりました。
歩くしかない。

コチョウゲン多い気がしました。葦原を見渡すだけで、1羽2羽は普通に見つかります。
小鳥はカシラダカがやたら多い気がしました。
葦原の遠くの方を、ときおり雲のように小鳥の黒い影が舞い上がり、それにコチョウゲン&チュウヒが突っ込むというイリュージョン!

これはコチョウゲン雄成鳥です。
c0190594_114380.jpg


ナショナルジオグラフィックの最近の記事で、コチョウゲンがタシギをとらえている写真が載っていましたが、あんなに大きな獲物も獲れるものなのですね。

さて・・・・いつになったら鳥見にいけるようになるのかなぁ。
[PR]
by syou-hama | 2013-02-09 11:07 |

腹別 コクガン 12/2

コクガンを見てもなんとも思わなくなって来た。ろくに写真も撮らない。
すっごい可愛いんだけどね。

幼鳥が3羽。
c0190594_20172942.jpg


アオサが旨すぎて寄り目なコクガン。
c0190594_20222253.jpg



ここはヒドリガモも多い。ところで毎年飛来する結構イイ感じのハイブリッドは、もしかして同一個体だろうか?
c0190594_20204384.jpg


帰り間際にはハイタカがスズメを持って現れ、得した気分だった。
[PR]
by syou-hama | 2012-12-30 20:25 |

腹別で鳥見

ぶすっ
c0190594_1253791.jpg

[PR]
by syou-hama | 2012-12-08 12:55 |

在庫からこんばんは

天売島の隣、焼尻島の防波堤ではオオセグロがコロニーをつくっていました。
こっちの方じゃウミネコですらこんなことはしませんが・・・
c0190594_2021409.jpg

2012 5/29 羽幌フェリー船内から撮影
[PR]
by syou-hama | 2012-11-02 20:23 |
10月3日にクロハラアジサシの群れを見つけまして、それを継続して観察しています。
3日にみた時は12羽程度しか見つけられませんでしたが、5日には30羽程度確認できました。
そして今日も観察してきたのですが、昨日と数はほとんど変わらない印象です。
ただ、今まではしきりにダイビングをして魚を採る姿が見られたのですが、今日はそのような行動はあまり見られませんでした。群れでぐるぐると旋回を繰り返します。そしてよく鳴くようになりました。
もしかしたら飛去が近いのかも?と感じましたが、気になる方は是非この連休に会いに行ってみてはいかがでしょうか!!特に珍鳥なわけではないと思いますし、場所が分かるように存分に写真貼りたいと思います。

c0190594_20484514.jpg

c0190594_20492434.jpg
c0190594_2049212.jpg

c0190594_20494833.jpg

オナガガモと共演
c0190594_20502397.jpg

クロハラの群れの全体像
c0190594_20531837.jpg

ハジロクロハラ幼鳥だとスコープでみて思ったんだけど、写真を撮ったらクロハラ幼鳥でした・・
渡りのルート的に、この時期の沼アジサシは例外除きほぼ全てクロハラらしいです。
c0190594_20533442.jpg


以上、なかなか楽しめました。たぶんここにはもう見に行くことは無いとおもいます。
[PR]
by syou-hama | 2012-10-06 20:57 |

カンムリ

カンムリカイツブリのチャームポイントのうち、忘れてはいけないのがこの真っ赤な目だ。
c0190594_2318392.jpg


今年はカンムリの話題で鳥学会に出します。
[PR]
by syou-hama | 2012-08-15 23:20 |

7.15 苫小牧-八戸航路

クロアシアホウドリだらけ。コアホウドリは見当たらず。

クロアシ Diomedea nigripes
c0190594_19214982.jpg

片道50くらい出た。でかい鳥だが、実際船から見るとそんなに驚くほどでもない。
これが2m以上もあるのかーって感じ。
海がナギだったせいか、着水個体が多かった。飛翔中の個体も長時間飛ばずに水面に降りてくる。

トウゾクカモメ Stercorarius pomarinus 淡色型が2つみれた。
どちらも遠かったけど、この尾羽がある限りは自分にも識別可能である。
c0190594_19352637.jpg



オオトウゾク Catharacta maccormicki
7月はこいつらが多いとネット情報に書かれていたため期待はしていた。
現場では、「なにか変な奴がおる!」と思って撮ったもののなんだか分からず・・・という残念なことに。
完全に消化不良だ。
c0190594_19461264.jpg

c0190594_19462361.jpg


ハイナギだと思う。
c0190594_19501391.jpg


今の時期はミズナギ類はたいして大きな群れにはならず、遠くの方をオオナギ・ハシボソナギがぱらぱらと飛んでいるだけ。鯨類もよく潮を吹いていて(おそらくイシイルカ)、鳥数は少ないものの楽しめた。
後はウトウがちらほらいたくらいかな?Fulmarは期待してたけど見れず。

以上、こんな感じでした。見る人が見ていればもっと結果は違っていただろうとおもう。
[PR]
by syou-hama | 2012-07-16 20:01 |

ヘラサギ

バードソンに参加していた方々はダイサギがいない!と騒いでいたそうですが。
田んぼにはまっている僕にはしっかり見えていましたよ?

c0190594_11131419.jpg

ヘラサギ Platalea leucorodia

さて、後輩が見つけてくれたヘラサギですが、その後いろんなバードウォッチャーがヘラサギを見に訪れました。
彼らが「田んぼにはまっている金色の車」を目印にいらっしゃったというのは専らの噂です。
[PR]
by syou-hama | 2012-07-06 11:23 |

クロハラアジサシ

天売島ですが、結局(予想通り?)締りのないレポートになってしまいました、申し訳ありません。
もっと書きたいことはあったけど、このままグダグダ続けても・・・なので。
もっとコンパクトにまとめればよかった。

とりあえず6月15日に五所川原の岩木川下流域で撮ったクロハラ載せます。
田んぼで採餌→電線に戻って休息 を繰り返していたので、観察は楽チン♪
電線でうんこを飛ばす音まで聞こえてました、というかすぐ目の前に飛び散ってたし(笑)

この日は強風だったので、電線でバランスを取るのが難しそうでした。
電線を掴むわけでは無くただ線の上に乗っているだけなので、体を上下させたり尾羽を開閉させたりして必死にバランスを取ります。

c0190594_21375225.jpg

c0190594_21382168.jpg

[PR]
by syou-hama | 2012-06-28 21:39 |