多趣味な大学生の自己満足ブログです。自分の興味のある事について熱く語ります。いらしたときはコメント残していただけると嬉しいです。


by syou-hama

カテゴリ:鳥( 148 )

十三湖探索

今日は岩木川下流域へ鳥見に出かけたが、鳥いない!!
ハイチュウすらおらず飛んでるのは普通のチュウヒのみ。
チュウヒ見てたらコチョウゲンがシューっと通り過ぎてった。
唯一愛想が良かったチュウヒもすっごい近くを飛んでくれたのにブレブレ・・・
ま、もともと写真はおまけみたいなもんだからいいか~ でも収穫なさすぎるぜおい・・
仏沼にはもうとっくに来ているというのになぁ。
c0190594_2210480.jpg

c0190594_22101473.jpg


泥だらけでナキハクチョウになっているオオハクチョウ?がいた。
c0190594_22134712.jpg

[PR]
by syou-hama | 2011-11-14 22:13 |

在庫からこんにちは

8月24日に岩木川下流で撮ったハヤブサ 雄成鳥。
ハヤブサは意外と街中や田畑などでも良く見かける鳥だ。
しかもあんまり逃げないから、暇なときに相手になってくれる。
c0190594_0132595.jpg

c0190594_0134957.jpg

c0190594_013586.jpg

[PR]
by syou-hama | 2011-11-09 00:21 |

モズ成鳥♂

先輩よりモズの遺体を頂いた。ありがとうございます。
間近で見ると普段見ているよりも大きく感じ、やはりいい鳥だと思った。
今年はほとんど羽根拾いはしていないが、ちょこちょこといろんな方からご遺体を頂く機会があった。

c0190594_21534066.jpg

c0190594_21543716.jpg
c0190594_21541971.jpg
c0190594_21535710.jpg

c0190594_21562511.jpg

[PR]
by syou-hama | 2011-11-04 21:54 |

青森市のシギチ事情

青森市内でシギチ、特に海岸性の種類を観察するのはなかなかいい場所がなく大変です。

僕がよく行く場所はフェリー埠頭と蓬田の海水浴場ですが、今年はここでオオソリハシ、アカアシ、ソリハシ、ハマシギ、ダイゼン、トウネン、シロチなどが見れました。
六ヶ所の広くて立派な砂浜で見てる方にとってはアホみたいなところで見てるわけですが、こんな普通種であっても近場で見れるにこしたことはないと思います。アカアシの10羽くらいの群れが海水浴場にいたときは驚きました。
でももちろん南部に見に行ったりもしますよ。

ダイゼン 幼鳥?
Grey Plover(Pluvialis squatarola
c0190594_1545521.jpg

[PR]
by syou-hama | 2011-10-27 15:46 |

雄化個体かも

ブログに書きこんで下さった方から、この個体はコガモの雄化個体の可能性が高いとのご意見を頂きました。
したがって、以下に記したようなトモエの雄化個体ではありません。


そういえば4月30の記事で“とてつもなく変な奴を見つけた”と書いたのだが、まだ紹介してなかった。決してm2birdさんのことではなかったわけです(笑)

c0190594_10433228.jpg

c0190594_10434784.jpg

c0190594_10435852.jpg

トモエ?ということになったが、はて??

頭の形状と緑の入り方はトモエ的、体形もモフっとしててトモエな感じだが、時期的にエクリプスでもないのに変な体色。当初はハイブリッドの線で考えていたが如何せんこのウロコみたいな模様の脇腹に合う種が思いつかない。もしかして・・・と思ってネットで調べてみたら、どうもマガモ属Anasの雄化個体には顕著な横斑が見られるそうで、今のところはトモエガモの雄化個体というのが自分の中では最有力だ。

しかしネットで検索しただけであって文献を参照したわけではないし(というかあるのか?)、観察者だって捕まえて解剖して雄化個体だと断定したわけではないので、「可能性がある」というだけである。
[PR]
by syou-hama | 2011-10-13 11:33 |

似てる

ぱっと見ノスリかと思いました。似てた!
c0190594_21514570.jpg

c0190594_20304665.jpg

Eastern Marsh Harrier (Circus spilonotus
[PR]
by syou-hama | 2011-10-09 20:37 |

大堤の水抜き

調査地(浪岡の大堤)にて今年も水抜きが行われた。
8月30日に先輩から「ヤッホー!!水抜けてました」と報告を頂いたのだが、前日は僕も見に行っていたので(そのときは抜かれていなかった)抜かれたのは29日の夕方だろうか。

なぜここまで水抜きを心待ちにしているかというと、カイツブリをはじめとする水鳥の幼鳥が取り残されてしまうからである。我々が捕獲をしなければ、彼らはカラスや猛禽に襲われるか、餌不足で餓死してしまう運命にあるのだ。そのため、僕の指導教官である佐原教授のゼミでは、毎年水鳥救出作戦を行っている。

おー堤の全貌。ご覧頂こう1.2.3
c0190594_14462976.jpg
c0190594_1519154.jpg

こうやって並んでくれると、チュウサギとダイサギの違いが一目瞭然。
ちなみに最近の研究で、チュウダイサギとオオダイサギの間で遺伝子を比べたところ、種レベルでの違いがあることが分かったそうで、世界では別種とするのが常識。しかし日本のフィールドガイドではいまだに亜種扱いだ。
c0190594_15185942.jpg


そして遂に9月1日にカイツブリの捕獲調査を決行しました。その様子は別の記事に書こうと思います。ってか今すぐ書きます。長くなるのがイヤだったんで。
[PR]
by syou-hama | 2011-09-07 15:32 |

カワセミ 幼鳥

あまり好んで観察&撮影する鳥ではないが、近かったので撮らざるを得なかった。
c0190594_19264754.jpg
c0190594_19263818.jpg

小学生のころはカワセミ見れると嬉しかったな。
今も昔も、カワセミは鳥見の入門的な役割を果たしているのだろう。
[PR]
by syou-hama | 2011-08-27 19:31 |

7.10 鯛島調査 下北

参加してきました。オオセグロとウトウ、アマツバメの調査です。
カモメ系の調査は初めてでしたのでちょっとビビりました。まーほんとみんな可愛かったです。モフモフ
c0190594_10292218.jpg

オオセグロ(Larus schistisagus
c0190594_1029491.jpg

ウトウ(Cerorhinca monocerata
c0190594_10301417.jpg

c0190594_1035798.jpg
c0190594_10345584.jpg

[PR]
by syou-hama | 2011-08-25 10:37 |

ツブ雛ぞろぞろ

雛7羽を個体識別するだけの簡単なお仕事!
c0190594_07879.jpg


誰か助けて・・・・
[PR]
by syou-hama | 2011-08-04 00:08 |