多趣味な大学生の自己満足ブログです。自分の興味のある事について熱く語ります。いらしたときはコメント残していただけると嬉しいです。


by syou-hama

カテゴリ:鳥( 148 )

ツブ雛

羽繕いは、鳥が一番可愛く見える瞬間でもある。
ツブの羽繕いの様子はとてもユニーク。観察していると可笑しくて可愛くてニヤっとしてしまう。
c0190594_011665.jpg

[PR]
by syou-hama | 2011-07-29 00:01 |
羽好きというのはですね・・・このピンッと張った小翼羽に萌えるもんなんです。そうなんです。
c0190594_1032640.jpg


成鳥♀でいいでしょうか。でも換羽してませんね。
[PR]
by syou-hama | 2011-07-27 10:03 |

ヨシにいるゴイ

先生のグーグルアラートが怖くて名前が言えません。
もうこんな季節です。
c0190594_21461511.jpg

c0190594_21464934.jpg


P.S ヨシにいませんね。フトイです(笑)
[PR]
by syou-hama | 2011-06-08 21:46 |

初ハチクマ

スコープでカイツブリを見ていたら、しきりに上を気にしている。
ノスリやトビなどが上空を飛んでいる時にはよくあることなので、なにか猛禽が飛んでいるかな?
と思い、上を見上げて見るとなんと今年初のハチクマだった。
こんなとこに出るとは・・・
c0190594_0214324.jpg

[PR]
by syou-hama | 2011-05-27 00:21 |

アラート回避

先生のサギ類・カイツ類アラートが怖くてうかつに写真アップできません!!(笑)
これはヨシガモを撮りました!!
c0190594_8502620.jpg

これは今月6日に撮ったやつです。
後ろで抱卵してるやつは今では雛がかえり、背中の上で餌をねだっているところです。
[PR]
by syou-hama | 2011-05-24 08:52 |

オオハム 夏羽

大好きなオオハムの夏羽です。
漁港で防波堤の先端に行って鳥を探そうと思ったら、すぐ目の前に浮かんでいるではないか!!
正直、あんまりでかすぎてウかと思いました。
ほんとデカいですよね。そして綺麗です。

オオハム(Gavia arctica) Black-throated Diver
c0190594_9463857.jpg

[PR]
by syou-hama | 2011-05-10 09:47 |

溜池巡り

カイツブリの研究をすることになり、最近はしょっちゅう浪岡周辺の溜池をめぐっています。
時期が時期な事もあって、結構面白いものが見れてます。
c0190594_20305923.jpg
c0190594_20303920.jpg

c0190594_20312280.jpg


とてつもなく変な奴を見つけたんですが、説明がめんどくさいのでまた今度紹介することにします。
[PR]
by syou-hama | 2011-04-30 20:31 |

ヤマドリ

ちとネタが古いが。
クマタカを見に行ったら、ヤマドリの羽根を拾った。しかしクマタカには会えず・・・。

目に付くものは全部拾ったつもりだが、まだ拾い残しはたぶんあるだろう。
クマタカを見に行ったと書いたが、ヤマドリを捕らえた犯人は分からない。場所的にはクマタカでは無いような気がする。ヤマドリならきっとオオタカやノスリなんかでも十分獲れるはずだから、どんな可能性も考えられると思う。
拾った羽根を並べてみると尾羽が多い。風切は次列が一枚だけ。
きっと持ち運ぶときに邪魔な長い尾羽を抜いたのだろう。
・・・などといろいろ想像が膨らむのが、羽根拾いの楽しいところだと思う。
c0190594_0432536.jpg

[PR]
by syou-hama | 2011-04-26 00:43 |
正直に言おう。僕は海鳥に関してはド素人だ。
だっていつも遠いし、そもそも識別が難しすぎる。でも見るのは好き!
なんか海って眺めてるとわくわくするんだよね。

周りの鳥屋さんが常用してるのは八戸-苫小牧間のフェリーで、片道7時間ほどとちょっとキツそうだが、なにせ太平洋側を通るので外洋性の海鳥が見易い。(と書いている僕はまだ未経験)
ちなみに震災の影響で、苫小牧行きのフェリーは今青森から出ている。

しかし八戸航路は体力的にも時間的にも金銭的にも負担が大きい。
これはこれとして楽しむとしても、もうちょっと手軽に鳥を見れる航路が無いものか。と思ったら、北大の水産学部の学生有志が行っている大間-函館間フェリーの海鳥調査の記録を見ることができた。
まぁこういうのは観察者の腕がものをいうものなので、初心者の自分が見て果たして?というところがかなりあるが、それにしてもなかなか面白いのが見れてるようである。
なら・・・青森-函館間でも結構いけるんじゃない?

スケジュールはこんな感じだった。詳細は覚えて無いので時間は適当に書く。
10:00 青森発 津軽海峡フェリー(ブルードルフィン)
13:30 函館着
------------------------------------------------------------------------------
14:30 函館発 青函フェリー
18:30 青森着

印象としては、ブルードルフィンは豪華、青函フェリーはボロい・ちっちゃい。
鳥は期待したほどはいなかった。カモメ類も少なく、タダカモメとネコが多かったもののミツユビとかはいなかった。ミズナギドリは大間を過ぎた辺りから短時間だけごわっと出る感じ。
全体的に函館寄りの海の方に鳥が多かった印象だ。
青函フェリーはボロくてちっちゃいけど鳥見るならこっちの方がいい。
それと天気悪くて海結構荒れました・・・

ウトウ
c0190594_10533956.jpg

ウミスズメっぽくてなんかデカいと思ったら、ハシブトウミガラス!!
c0190594_10553951.jpg

通称「灰色のミズナギドリ」
c0190594_1057245.jpg

拡大。おそらくハシボソミズナギドリかと思ったが・・・
c0190594_10594533.jpg


楽しかった。また乗りたい!
でもやっぱり、苫小牧行きが一番だろう。←結論
まぁ俺はまた青森-函館間やるけどね。
[PR]
by syou-hama | 2011-04-23 11:09 |

タゲリ参上

どうしてこんなに困り顔なんだろう。
c0190594_181427.jpg


またまた竜飛に行ってきました。
来週も行くつもりさ!
ジョウビタキが普通に見れるのが嬉しくてしょうがありません。
こっちじゃあれは冬鳥ではないですからね。(笑)
[PR]
by syou-hama | 2011-04-10 21:28 |