多趣味な大学生の自己満足ブログです。自分の興味のある事について熱く語ります。いらしたときはコメント残していただけると嬉しいです。


by syou-hama

カテゴリ:昆虫( 10 )

キタスカシバ

“忙しい”という疲労感より、研究に没頭していることによる充実感の方が大きいような気がする。
鳥は春以降全くと言っていい程見に行けてないが、その分近場で虫捕りなどをして遊んでいるから、鳥見不足によるストレス的なものは意外とない。
でも秋の渡りは見に行きたいなぁ。

山で鳥&カエル&虫探しをしてたら、ヤナギの木の根元にスカシバの抜け殻を見つけた。
スカシバの研究者である虫屋の先輩に写真を送ったら、これはキタスカシバの抜け殻とのこと。
成虫は蜂そっくりのかっこいい蛾。僕みたいな素人はきっと成虫が飛んでいても蜂にしか見えないだろう。
c0190594_2072417.jpg
c0190594_2071361.jpg

[PR]
by syou-hama | 2011-08-10 20:07 | 昆虫

大堤のカマキリ

調査地にはオオカマキリの幼虫がよく現れる。サンヨンでパチリ
c0190594_2019649.jpg


最近の更新内容を見ると、まるで虫がメインのようですね(笑)
[PR]
by syou-hama | 2011-07-19 23:15 | 昆虫

アカシジミの異常発生

写真を載せたくてたまりませんでした・・・が、そろそろ情報統制が解けたようなので、遂に載せちゃいます!!

僕は蝶屋はおろか虫屋ですらないのであまり偉そうなことは言えませんが、
アカシジミと言うのは樹上性シジミチョウのゼフィルスと呼ばれているもののうちの一種で、人気のある種のようです。いるところに行けば普通に見れるという特に珍品では無いらしいのですが、一日で10匹見れることは普通はまず無いとのことです。
そんなアカシジミが青森県で今年大発生しました。実は去年も大発生したらしいのですが、規模は去年をはるかに超えるまさに異常発生です。

一生に一度の出来事とはこのような光景をいうのでしょうか?
こんなすばらしい世界を教えてくれた先輩に感謝します。

c0190594_14492686.jpg

c0190594_145096.jpg

c0190594_14535133.jpg
c0190594_1453275.jpg
c0190594_1452565.jpg

c0190594_145746100.jpg

[PR]
by syou-hama | 2011-06-30 14:58 | 昆虫
サークルのみんなと久渡寺登山やりました。
エゾハルゼミのうっさいこと・・・ 時間帯もあると思いますが鳥の影は薄いです。
しかし今年のオオルリ・キビタキの少なさは尋常じゃないと思います。

鳥がいないので、登山中は虫探しに興じていました。

変な虫発見!!でっかい青く輝く虫が登山道脇にいます!
c0190594_0143771.jpg

触るとぶよぶよしてて、黄色い液体がトクトク出てきます。手が液体にまみれて黄色くなりました^^

虫に詳しい先輩に写真を送りきいたところ、これはムラサキオオツチハンミョウというそうです。
先輩によると、「カンタリジン出すから素手で触っちゃダメ」ならしいですよー!!(笑)
あんだけ触っても僕は全然なんとも無いんですが、また武勇伝が一つ増えました。
[PR]
by syou-hama | 2011-06-07 00:23 | 昆虫

ジンガサハムシか何か。

調査中に顔に登ってきて、邪魔だから払ったら・・・何と!金ぴかの可愛い虫だった。
体長6.5ミリほど。歩き方もテッテッテッテって感じでとってもかわいい虫だ。
背中に盛り上がりも見えるし、ジンガサでいいと思うんだけど。
ネットで見るとスキバジンガサとかが酷似してるみたいだが、こちらは上翅の盛り上がりは無し。
c0190594_22203845.jpg

[PR]
by syou-hama | 2011-05-30 22:20 | 昆虫

憧れのムシ

ハンミョウの仲間って図鑑でしか見たこと無くて、ずっと見たいなぁと思っていました。
でも虫屋の先輩に教えてもらって初めてわかったのですが、結構いるんですね。いるとこには。
ちなみに並ハンミョウは青森じゃ見れないそうです。

畳の部屋で放して遊んだ後冷凍庫に直行⇒
ニワハンミョウ
c0190594_1242214.jpg

コニワハンミョウ
c0190594_22342895.jpg


標本にしてもこの微妙な色合いは失われないものなんでしょうか?
[PR]
by syou-hama | 2011-05-29 12:44 | 昆虫

クワガタ採集

モリアオやヨタカがいる所の柳の木で、クワガタを探してみた。

アカアシとミヤマが採れたが、特にミヤマはなかなかいい型してる。

でもクワガタいる木は一本しか見つけられなかったなぁ。
c0190594_21543786.jpg

c0190594_2154592.jpg



アカアシもこうやって見ると結構いい!(^o^)/ 
しかしあんまり良く撮れすぎて、自分の手まではっきりと写ってしまった。
c0190594_2156295.jpg

[PR]
by syou-hama | 2010-08-26 21:58 | 昆虫

ゴマダラカミキリの憂鬱

せーの
c0190594_22351694.jpg

よいしょ!
c0190594_22462718.jpg

おっとっと・・・
c0190594_22484854.jpg

気を取り直して・・・
c0190594_2248941.jpg

今度は成功!
c0190594_22405827.jpg

[PR]
by syou-hama | 2009-09-05 22:41 | 昆虫

標本のお話

標本の作り方を知っているだろうか?こう言う僕も最近知ったのだが。
昔は標本セットみたいなのがどこでも売っていたそうで、その中には二種類の注射などが入っていたそう。
そもそも昔の夏休みの宿題と言ったら、たいていの男の子は虫の標本だったそうで、父もこのセットでよく標本をつくっていたそうだ。
なんでも、当時は針なんてものが手に入らなかったので、注射を刺して虫を殺し、綿を敷き詰めたお菓子の箱に乗せてハイ完成!(笑)・・・・といった物だったらしい。
なにはともあれ、みんなで競って昆虫採集!という時代がうらやましいのは僕だけではあるまい。


おそらく、昔の昆虫標本セットなるものに含まれていた2本の注射というのは、殺虫剤と防腐剤だろう。
しかし正しい標本の作り方からすると、実は注射器なんて物は不要なのだ。

まず、虫に死んでもらうためには一般的には酢酸エチルを用いる。
だけど入手が面倒なので、これが無くても一応大丈夫だ。
要は虫に死んでもらえさえすればいいのだから、その手段は想像にお任せする。・・・・・・って怖っ!!(笑)

後は展足という作業で形を整えて十分に乾燥させれば腐ることはない。
これを聞いて驚く人が結構いると思う。

展足は、まち針を使えばいい。形を整えて、ずれないように針で固定する。
ちなみに僕は発泡スチロールの上でやってる。
後は乾燥剤と防虫剤を側に置き、ひたすら乾燥!!
c0190594_12542647.jpg


虫に刺す針は専用の物を使う。
僕は志賀昆虫の2号と3号を使っているんだけれど、これがとってもかっこいいんだ。
c0190594_1331549.jpg


乾燥が終わったら展足の針を抜き、ラベルをつけて標本箱へ。
ラベルには採集者、日時、採集場所などを必ず書いておく。これが無いとただの虫の死骸になってしまう。
c0190594_13105244.jpg



これでみんなも“おくりびと”になれるかも!?
[PR]
by syou-hama | 2009-08-24 13:19 | 昆虫

アブラゼミ

この前捕まえたハンノアオカミキリ(その後死んだので標本にしてるところ)の餌であるトチノキの葉を取りに林に行ったのだけれど、凄い数のハチにたかられ退散。
スズメバチだろうが何だろうが対処には慣れてるので普通は大丈夫なのですが、
あんなに大勢で追いかけられたらさすがに怖かった・・・ただのミツバチでも。

でも面白いものを見つけました!アブラゼミの幼虫です。
夕方だったので、どうやら羽化のために地上に出てきたようだ。  連れて帰っちゃいました!!(*^-゚)vィェィ♪
目が大きいし、ピョコピョコ歩くのが可愛いと思いませんか? YouTubeに載せたので御覧下さい~




ナウシカに出てくる王蟲を思い出してしまったのは僕だけでしょうか?(笑)

庭のナナカマドにつけておいたところ、次の日には立派な成虫になっていましたよ。
c0190594_22511048.jpg

昼になると、アブラゼミの鳴声が鳴り響きました。
あれはきっとうちのセミだなぁと思うと、いつもは暑苦しいセミの声もなんだか涼しげです。




でもね・・・・・・抜け殻を調べてみたらアレは雌だったんです(笑)
[PR]
by syou-hama | 2009-08-13 23:10 | 昆虫