多趣味な大学生の自己満足ブログです。自分の興味のある事について熱く語ります。いらしたときはコメント残していただけると嬉しいです。


by syou-hama

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

え~っと先週の金曜日だっけ?
友人が来てもいいよと言ったので、またチゴハヤを見せてもらいに行った。

あまり目立つところに止まらなくなったと聞いていたらやっぱり抱卵中だった。

僕は遠慮なく広い庭の中を動き回り、餌食となった小鳥の羽根を拾ったり、ペリットを拾ったりして遊んだ。
ペリットの中身は、ぱっと見だけどかなりムシだらけ。これはサークルの後輩へのお土産とした。
友人はというと、僕にかまわず家庭菜園に没頭。いや~居心地いいね!ここは。
c0190594_231174.jpg

チゴハヤはとても眠たそうで、いつもはなかなか見れ無い表情をスコープで観察することができた。
最近よく思うのだが、やっぱり僕は猛禽が大好きだ。

車庫にはツバメの巣があった。
c0190594_2324325.jpg

c0190594_23262693.jpg



帰りには昼食までご馳走になって、まさに至れり尽くせりの一日であった。
またよろしくね!
[PR]
by syou-hama | 2010-06-30 23:26 |

繁殖期

いやいや鳥はやっぱシーズン物。
毎日が、この時期を逃すともう見れないかもしれないという瞬間の連続である。
これだから鳥見は止められないのだが、きっとこれはムシ屋さんも同じに違いない。

さて、今は繁殖期真っ盛り!ということで・・・

バンの親子  魚かな?
c0190594_20122889.jpg


かぁ
c0190594_20145061.jpg



鳥屋さんもムシ屋さんもこの雨にはうんざりですね。

どうでもいいけど、うちのゼミ室共有のパソコンは「はね」を変換すると「翅」、「あし」は「脚」と変換される。
ムシ屋の仕業だね~(笑)
[PR]
by syou-hama | 2010-06-23 20:24

一人っ子

公園にいるオシドリの雛。もっと沢山いたはずなのに、今は一羽しかいない。
ここのオシドリは人慣れしてて全然逃げない。

で、この子の母親はというと僕にエサをねだりに(やらないけど)子供を一人置き去りに土手へ登ってくるという醜態。
まぁこれじゃぁ雛も襲われるよな。この子もどうなることやら・・・

でもカモの雛ってなんでこんなにかわいいんだろ?反則でしょ~
c0190594_23153329.jpg

[PR]
by syou-hama | 2010-06-20 23:15 |
きっかけは半月ほど前。友達が僕に言った一言からである。

「うちの庭で最近ノスリがキイキイうるさく鳴いてて・・・・」

えっ!お前それノスリじゃなくてチゴハヤブサじゃないの?

後日彼が撮った写真を確認。やはりチゴハヤで間違いなかった。

ってことで早速家に遊びに行かせてもらうことになった。
青森ではチゴハヤはそんなに珍しくは無く、よく神社などで営巣している。大学の近くにもチゴハヤが毎年来るところがあって、僕はほぼ毎日観察しに行っている。

友人宅に到着するといきなりチゴハヤ夫妻とご対面。
うわっこれは近い!この先こんなに近くで見れることがあろうかというほどの見やすさである。
今まで近いと思って写真を撮っていた場所でもここには遠く及ばない。

c0190594_2149344.jpg

c0190594_21495169.jpg

c0190594_2150472.jpg


また近いうち見に行きたいと思っているのだが、なにせ人家なので「いつでも」というわけにはいかない。
だけど営巣もしそうなので、なんとか頼んで見に行きたいなぁ。この機会は逃したくない!!
きっと場所を教えたらバーダーが来るかと思うので、場所は誰にも言わない事にしようと思う。


前回載せるのを忘れた写真。小さい頃祖父から貰ったカモシカの角だ。
もっと状態のいい物があったはずだが、きっといとこが来た時にでもあげてしまったのだろう。
c0190594_2201836.jpg

[PR]
by syou-hama | 2010-06-11 22:00 |

怖かった・・・

土曜にいつものフィールドに行ったところ、サンコウチョウの声が聞くことができた。そこで次の日の昼にも行ってみたが、時間が遅いのか鳴いていなかった。つまらないので、林道をもっとずっと奥まで進んでいくと・・・

カモシカ!
c0190594_21541736.jpg

c0190594_21542766.jpg

どんどん近くに・・・  全く気づいてる気配がない。
c0190594_21543911.jpg

c0190594_21545926.jpg


びっくりして体当たりされたら困るなぁと思って怖くなり、「カモシカ!」とつぶやいたらやっと気づいてくれて逃げてくれた。 (ってか気づけよ!真っ赤なTシャツ着てんだから 笑)


ここは青森の街中から自転車ですぐ来れるほどの距離。しかしなかなか侮れない場所で、ノジコなど皆さんわざわざ遠くの山まで見に行っている鳥達がここで見ることができるのである。
青森のバーダー達はあまり知らないようで、開拓者の僕は気分がいい。
[PR]
by syou-hama | 2010-06-08 22:12

湿原の鳥

青森では希少種と言われるオオセッカやコジュリンが普通に見られる。特にオオセッカに至っては、日本で3箇所しかないと言われる繁殖地のうち2つがここ青森県にあるのだ。
ただし普通種のセッカはなぜかいない。

コヨシキリ
c0190594_8401742.jpg

コジュリン
c0190594_8404391.jpg

ホオアカ
c0190594_8421533.jpg


写真はベンセ湿原で30日に撮ったのものだ。ニッコウキスゲもぱらぱらと咲いていたが、まだ蕾が多かった。
[PR]
by syou-hama | 2010-06-04 08:44 |