多趣味な大学生の自己満足ブログです。自分の興味のある事について熱く語ります。いらしたときはコメント残していただけると嬉しいです。


by syou-hama

在庫からこんばんは

天売島の隣、焼尻島の防波堤ではオオセグロがコロニーをつくっていました。
こっちの方じゃウミネコですらこんなことはしませんが・・・
c0190594_2021409.jpg

2012 5/29 羽幌フェリー船内から撮影
[PR]
# by syou-hama | 2012-11-02 20:23 |
10月3日にクロハラアジサシの群れを見つけまして、それを継続して観察しています。
3日にみた時は12羽程度しか見つけられませんでしたが、5日には30羽程度確認できました。
そして今日も観察してきたのですが、昨日と数はほとんど変わらない印象です。
ただ、今まではしきりにダイビングをして魚を採る姿が見られたのですが、今日はそのような行動はあまり見られませんでした。群れでぐるぐると旋回を繰り返します。そしてよく鳴くようになりました。
もしかしたら飛去が近いのかも?と感じましたが、気になる方は是非この連休に会いに行ってみてはいかがでしょうか!!特に珍鳥なわけではないと思いますし、場所が分かるように存分に写真貼りたいと思います。

c0190594_20484514.jpg

c0190594_20492434.jpg
c0190594_2049212.jpg

c0190594_20494833.jpg

オナガガモと共演
c0190594_20502397.jpg

クロハラの群れの全体像
c0190594_20531837.jpg

ハジロクロハラ幼鳥だとスコープでみて思ったんだけど、写真を撮ったらクロハラ幼鳥でした・・
渡りのルート的に、この時期の沼アジサシは例外除きほぼ全てクロハラらしいです。
c0190594_20533442.jpg


以上、なかなか楽しめました。たぶんここにはもう見に行くことは無いとおもいます。
[PR]
# by syou-hama | 2012-10-06 20:57 |

9.24 渡り観察

鳥学会から帰ってきました。なかなか濃い時間をすごすことができ、いろいろと思うことも多数ありました。
帰ってきたものの、今度は研究室で保護している鳥たちの世話で忙しくほとんど出歩けません。

というわけで合間を縫って行った竜飛の報告です。(ちなみに午後からは大学に帰り授業に出席しました・・)
さて、かなりの数が渡ってるんですが、遠すぎて何が何だかわかりません。ほんとうに。
もう毎年これだけ見てるんだから分かってもいいはずなのに、やっぱり遠くのタカはよくわかりません。特にノスリとハチクマ。
サングラスにコーワの88と、見かけだけは一流なんですが。恥ずかしやー・・・

たまに近くを通ってくれるハチクマに癒されます。
こうやって近くをフラフラっとを飛んでいく個体は幼鳥が多い気がします。
c0190594_20421790.jpg

いろいろ混ざったタカ柱
c0190594_20443050.jpg


あじさいロードではツイストされた電線の隙間に首を突っ込み、アカハラ幼鳥が首つり自殺していました。
c0190594_20464546.jpg


鳥を見に行って、「何かが飛んでるけどよくわからない」って時ほど精神が安定しない事はありません。
もう自分の能力は頭打ちなのかな?そもそも竜飛に通うことが意味があるだろうか?と考えてしまいます。
自分の中では、タカの渡りをカウントする人達はもはや別次元かつ別種の人間であるような捉え方をしています。勉強をすれば東大に入れるか?答えはノーでしょう。それと同じです。
もっと自分に合った分野・鳥の見かたを探し、極めていきたいなと感じているこの頃です。
[PR]
# by syou-hama | 2012-09-30 20:55 | 竜飛

カンムリ

カンムリカイツブリのチャームポイントのうち、忘れてはいけないのがこの真っ赤な目だ。
c0190594_2318392.jpg


今年はカンムリの話題で鳥学会に出します。
[PR]
# by syou-hama | 2012-08-15 23:20 |

7.15 苫小牧-八戸航路

クロアシアホウドリだらけ。コアホウドリは見当たらず。

クロアシ Diomedea nigripes
c0190594_19214982.jpg

片道50くらい出た。でかい鳥だが、実際船から見るとそんなに驚くほどでもない。
これが2m以上もあるのかーって感じ。
海がナギだったせいか、着水個体が多かった。飛翔中の個体も長時間飛ばずに水面に降りてくる。

トウゾクカモメ Stercorarius pomarinus 淡色型が2つみれた。
どちらも遠かったけど、この尾羽がある限りは自分にも識別可能である。
c0190594_19352637.jpg



オオトウゾク Catharacta maccormicki
7月はこいつらが多いとネット情報に書かれていたため期待はしていた。
現場では、「なにか変な奴がおる!」と思って撮ったもののなんだか分からず・・・という残念なことに。
完全に消化不良だ。
c0190594_19461264.jpg

c0190594_19462361.jpg


ハイナギだと思う。
c0190594_19501391.jpg


今の時期はミズナギ類はたいして大きな群れにはならず、遠くの方をオオナギ・ハシボソナギがぱらぱらと飛んでいるだけ。鯨類もよく潮を吹いていて(おそらくイシイルカ)、鳥数は少ないものの楽しめた。
後はウトウがちらほらいたくらいかな?Fulmarは期待してたけど見れず。

以上、こんな感じでした。見る人が見ていればもっと結果は違っていただろうとおもう。
[PR]
# by syou-hama | 2012-07-16 20:01 |